話題の映画口コミサイト

話題の最新映画から名作映画までご紹介するサイトです。

恋愛映画

無伴奏、ネタバレと感想まとめ

投稿日:

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

概要

無伴奏は2015年に公開された恋愛映画です。

監督は矢崎仁司さんが同名小説を映像化しました。

主演は成海璃子さんが務めており、

その相手役も日本を代表する俳優陣が支えています。

 

解説

直木賞受賞作家・小池真理子の半自伝的小説を、『太陽の坐る場所』などの矢崎仁司監督が映画化。日本中に学生運動の嵐が吹き荒れた1969年の仙台を舞台に、時代の影響により学園紛争に関わっていた女子高生と、バロック音楽喫茶「無伴奏」で出会った男女の恋模様を描く。成海璃子が、ヒロインの女の性を渾身(こんしん)の演技で見せる。その相手役に『紙の月』などの池松壮亮がふんするほか、『虎影』などの斎藤工、ベテランの光石研ら多彩な顔ぶれが共演。

シネマトゥデイ

あらすじ

学生運動の嵐が日本中を席巻していた1969年、仙台に暮らす女子高生の響子(成海璃子)は時代に流されるように学園紛争にのめり込んでいた。ある日、友人に連れられクラシック音楽が店内に響く喫茶店「無伴奏」を訪れた彼女は、そこで出会った大学生の渉(池松壮亮)に興味を持つ。その後、学生運動から離れた響子は偶然入った無伴奏で渉と再会し、次第に彼のことを好きになっていき……。

シネマトゥデイ

感想・レビュー

四人で遊んでいるうちに渉を愛するようになった響子だが、彼はなかなか心を開いてくれなかった。その理由とは?
時代の熱さを感じさせないノッペリとした演出は、この監督の持ち味とはいえ少し退屈した。
背伸びして始めた闘争を放り出し、愛に走る女子高生の姿にも今一つ共感できない。
大胆な濡れ場をこなした成海璃子も、女優魂を感じさせてくれるまでには至らずといったところ。
古色蒼然とした懐古趣味映画だ。

yahoo!映画

時代的には古臭い感じがしっかりと表現されていることも

この映画の特徴です。

ただ成海璃子さんの脱ぎっぷりとその相手役の池松壮亮はじめ

俳優陣の演技には引き込まれるものがあります。

残念ながら公衆電話も赤電話があれば懐かしく感じです。今じゃ人気がない。女子高校生の黒ブレーザの制服も当事は、多かった。今でも存在している。今の60代が青春を過ごしはずです。

yahoo!映画

時代感はその時に生きていた方からすると少し違うものが

あったりするのでしょうか。

私にはその空気まで作りこまれているように感じましたが

ストーリー含めてなかなか飲み込むのが難しいようには感じました。

-恋愛映画

執筆者:

関連記事

060724

ラブ★コン映画まとめキャスト情報あり

  目次1 概要1.1 解説1.2 あらすじ1.3 感想・レビュー 概要 ラブ★コンは2006年に公開された漫画原作の恋愛映画です。 監督は石川北二さんがつとめており、 出演は小池徹平さんと …

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-8

女の穴あらすじ感想レビュー

目次1 概要1.1 解説1.2 あらすじ1.3 感想・レビュー 概要 女の穴は2014年に公開された異色の恋愛ドラマで 設定といい、カオスな世界観が表現されています。 監督は吉田浩太さんが務めており、 …

no image

ホットロード

ホットロードは2014年に公開された邦画です。 監督は三木孝浩が務めており、 主演は「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈と 三代目J Soul Brothersの登坂広臣です。   解説 1 …

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-14

夜のピクニック映画の見所と感想

目次1 概要1.1 解説1.2 あらすじ1.3 感想・レビュー 概要 夜のピクニックは2006年に公開された 小説原作の映画化作品です。 監督は長澤雅彦さんで 主演は多部未華子さんが務めています。 解 …

no image

orange-オレンジ-

orange-オレンジ- 公開:2015年 監督:橋本光次朗 出演:土屋太鳳、山崎賢人 高野苺のコミックを基に、未来からの手紙によって運命を変えようと奮闘するヒロインの姿をファンタジックかつ爽やかに描 …

■カテゴリー別記事