話題の映画口コミサイト

話題の最新映画から名作映画までご紹介するサイトです。

SF テレビ放送作品 洋画

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

投稿日:

img_0

映画概要まとめ

公開年:2016年

監督:ジョージ・ルーカス

SF映画の金字塔にして世界中で愛され続ける人気シリーズの新3部作第1章で、
『スター・トレック』シリーズなどのJ・J・エイブラムスが監督を務めた超大作。
ジョン・ボイエガやデイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アダム・ドライバー、
旧シリーズのマーク・ハミルやハリソン・フォードらが出演。
新たなエピソードやキャラクターと共に、最新鋭の技術とリアルなセット撮影を
融合した映像にも期待。

スポンサーリンク

あらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
ジェダイ騎士団と銀河共和国が滅亡して久しい時代、かつて平和だった銀河系は銀河帝国による
圧政下にあった。そんな中、反乱同盟軍のスパイが帝国軍の誇る宇宙要塞である初代デス・スターの極秘設計図のデータを密かに盗み出す事に成功した。帝国の皇帝であるダース・シディアスが最も信頼を置くシスの暗黒卿のダース・ベイダーは、設計図奪還と反乱軍の本拠地の早期発見を命じられる。

反乱軍の指導者の一人レイア・オーガナ姫は惑星オルデランへ帰還の途上だったが、帝国軍のスターデストロイヤーに襲撃され輸送船「タンティヴィⅣ」は拿捕される。激しい戦闘の最中、レイアは養父ベイル・オーガナ元老院議員の友人のオビ=ワン・ケノービに助けを求めるべく、ドロイドのR2-D2に救援メッセージとデス・スターの設計図を託し、R2は相棒のC-3POと共に船から脱出する事に成功する。

R2と3POは砂漠の惑星タトゥイーンに漂着する。原住生物ジャワに捕獲されてバザーに出された2体は、オーウェンとベルーのラーズ夫妻と甥の農場手伝いの青年ルーク・スカイウォーカーに購入された。ルークによって整備されたR2はふとした拍子にレイアのメッセージを再生してしまう。R2は夜中にラーズ家を抜け出し単身でオビ=ワン・ケノービにそのメッセージを届けようとするが、後を追ったルークらと共に野盗タスケン・レイダーの襲撃に遭い、近所に住む老人ベン・ケノービに助けられる。

ベンこそが、名を変えて隠遁していたジェダイの騎士のオビ=ワンであった。オビ=ワンはルークらを自宅へ招くと、ルークに彼の父であるアナキン・スカイウォーカーのライトセーバーを渡し、自身とアナキンとフォース、そしてジェダイを裏切り多くの騎士を殺害したベイダーの過去を話す。そしてレイアのメッセージを受けて、彼女の故郷の惑星オルデランへの旅へルークを誘うが、ルークは叔父が許してくれないと断り、オビ=ワンをアンカーヘッドの街まで送ろうとする。その途中、ルークらはドロイドを売ったジャワ達が帝国軍に襲撃された現場を見てラーズ家の危機を察知し農場へ駆け戻るが、時は既に遅くオーウェンとベルーは帝国軍に無残に殺害され、農場は焼き払われていた。もはやタトゥイーンに留まる理由を無くしたルークは、父のようにジェダイの騎士になる事を誓って、オビ=ワンとオルデランへ行く事を決意する。一行はモス・アイズリー宇宙港で密輸商人のハン・ソロとチューバッカを雇い、彼らの宇宙船ミレニアム・ファルコンで帝国軍の追跡を振り切ってオルデランへ向かう。

同じ頃、帝国軍に囚われの身であったレイアは執拗な尋問にも頑強に抵抗していた。業を煮やしたデス・スター司令官ターキン総督は、反乱軍の秘密基地の所在を吐かねば故郷オルデランを破壊すると脅し、レイアはやむなく既に放棄された反乱軍の基地の所在を教えるが、ターキンは見せしめとしてオルデランをデス・スターの究極兵器であるスーパーレーザーで破壊してしまう。その瞬間、ミレニアム・ファルコン内でルークにフォースを教えていたオビ=ワンはフォースに異常な乱れが起きた事を感じた。彼らが到着した時には既にオルデランは星屑と化しており、付近にあったデス・スターを衛星だと勘違いしていた一同は、トラクター・ビームによって捕らえられてしまう。

ルークたちはファルコン号の二重床を使ってストームトルーパーの装甲服を奪って変装し、管制室へ逃れる。R2にデス・スターのコンピューターから情報を引き出させ、トラクター・ビームは複数の電源のうち1つを切るだけで停止することを知ると、オビ=ワンは一人で電源を切りに向かった。その後、R2の解析によりレイアがここに監禁されている事が分かり、ルークはソロとチューバッカを説得し救出に向かう。帝国軍の猛追を受けながらも三人はレイアの救出に成功、ファルコン号へと急ぐ。トラクタービームの電源を切り終えてきたオビ=ワンは、ファルコン号の目前でベイダーと再会、ライトセーバーを交える。ファルコン号へ乗り込もうとするルーク達を見たオビ=ワンは突然何かを悟ったかのようにライトセーバーを収める。直後、ベイダーのライトセーバーがオビ=ワンのローブを切り払うが、そこにオビ=ワンの死体はなかった。

TIEファイターの追撃を振り切り、ミレニアム・ファルコンはレイアの案内で反乱軍の基地のあるヤヴィン第4衛星へたどり着く。デス・スターの設計図からは「反応炉の排熱口が地表に直結している」という構造上の弱点が判明し、その排熱口よりプロトン魚雷を撃ち込んで反応炉を破壊する作戦が立案される。その頃、ファルコン号に追跡装置を仕掛けておいた帝国軍はヤヴィン第4衛星の基地の存在を突き止め、デス・スターの圧倒的な力をもってヤヴィン第4衛星ごと破壊せんとする。ルークはスクランブルする反乱軍の戦闘機隊に加わりパイロットとして戦場へ向かうが、礼金を受け取ったソロとチューバッカは早々に基地を立ち去ろうとする。
帝国軍と反乱軍の雌雄を賭けた戦いが今始まろうしていた…。

スポンサーリンク

 

皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!

未来が感じられる

スターウォーズ1〜3より良かった。
未来が感じられると思う。
古い役者も新しい役者も一体となって
スターウォーズというレジェンドな世界を
作り上げていた。
次期作には更に期待している。

-yahoomovie-

これは生理的なもの

私は公開日初回に見に行きました.

まず僕とスターウォーズの出会いは幼稚園の頃にスターウォーズ6を
死ぬほど見ていてそこからスターウォーズの世界にどっぷり浸かって行きました.
あの,エピソード1でさえスターウォーズが見れるだけで面白く感じてしまいました.ただエピソード2の公開からあれ?こんなにウジウジした話だっけ?と少しスターウォーズから離れてしまった時もあった不遇の世代とも言える出会いをしてしまいました.

ただ,僕はスターウォーズへの愛はあり,公開前から気が気じゃないテンションでした.どうか,どうか良い映画であれ.映画を見に行く前からあんなに緊張させられた映画は初めてでした.

そして上映開始.あのタイトルバック,あのテーマ曲を聞いた瞬間,「俺はスターウォーズを今映画館で見ている」という映画内容とは全く関係ないところで号泣してしまいました.
いやいや,こんなところで泣いていたら映画に集中できないとすぐに涙を拭い映画を鑑賞していきました.

鑑賞中序盤のフィンとポーの脱出シーンでは楽しい、ただただ楽しいという感情に包まれながら涙腺がウルウルと、まだ泣いたらダメだまだ泣いたらダメだと自分に言い聞かしました.ただミレニアムファルコン号が飛び出した瞬間「スターウォーズの歴史がまた動き始めた」と涙腺は崩壊.「俺はこの瞬間確かにスターウォーズを見ている」と涙腺ガバガバ.ハンソロが登場した瞬間隣に座っていたおじさんが号泣.JJに言ってやりたい「俺たちのスターウォーズを動かしてくれてありがとう」と.その後はもうトランス状態でことあるごとに号泣.

こんな感情にしてくれてありがとうと言いたい.

ただ、今回の作品は歴史的映画の旧世代と新世代への橋渡しができている点で最高の作品だと感じます.旧作のファンを納得させながら、新世代の魅力を語りつつストーリーを次の世代に託す.そんな仕事を成し遂げた大傑作だと思います。

-yahoomovie-

映画おすすめ太郎のまとめ

スター・ウォーズシリーズの最新作です。
特撮シーンが特に音楽が良かったです。
後から調べてみたらWW1/2を研究して戦闘機の空中戦シーンとその編集、
ベン・バートが制作した既成の音源に頼らないユニークな効果音やキャラクターの声を
もそれまでに無い新しさを印象付ける一助となったそうです。

改めて世界的に有名な作品だなと感じさせてくれる作品でした。

おまけ※一覧

キャスト(映画)

三上家

  • 三上 義信 – 佐藤浩市
  • 三上 美那子 – 夏川結衣
  • 三上 あゆみ – 芳根京子

広報室[編集]

  • 諏訪 – 綾野剛
  • 蔵前 – 金井勇太
  • 美雲 – 榮倉奈々

ロクヨン捜査班[編集]

  • 松岡 勝俊 – 三浦友和
  • 望月 – 赤井英和
  • 漆原 – 菅田俊
  • 柿沼 – 筒井道隆
  • 幸田 一樹 – 吉岡秀隆
  • 日吉 浩一郎 – 窪田正孝
  • 村串 みずき – 鶴田真由

県警本部警務部[編集]

  • 辻内 欣司 – 椎名桔平
  • 赤間 – 滝藤賢一
  • 石井 – 菅原大吉
  • 二渡 真治 – 仲村トオル

県警本部刑事部[編集]

  • 荒木田 – 奥田瑛二
  • 落合 – 柄本佑
  • 御倉 – 小澤征悦
  • 芦田 – 三浦誠己

雨宮家[編集]

  • 雨宮 芳男 – 永瀬正敏
  • 雨宮 敏子 – 小橋めぐみ
  • 雨宮 翔子 – 平田風果

目崎家[編集]

  • 目崎 正人 – 緒形直人
  • 目崎 睦子 – 渡辺真起子
  • 目崎 歌澄 – 萩原みのり
  • 目崎 早紀 – 渡邉空美

ロクヨン捜査員の家族[編集]

  • 幸田 麻美 – 黒川芽以
  • 幸田 カイト – 佐藤優太郎
  • 日吉 雅恵 – 烏丸せつこ

記者クラブ[編集]

  • 秋川 – 瑛太
  • 手嶋 – 坂口健太郎
  • 掛井 – 坂口辰平
  • 髙木 まどか – 菜葉菜
  • 本田 – 梶原拓人
  • 宇津木 – 大塚ヒロタ
  • 橘 – 長尾卓磨
  • 桜田 – 椿弓里奈
  • 牛山 – 藤井宏之
  • 笠井 – 飯田芳
  • 木曾 亜美 – 中村沙樹
  • 須藤 – 三浦英
  • 釜田 – 松嶋亮太
  • 浪江 – 奥野瑛太
  • 山科 – 宇野祥平
  • 小谷 – 赤山健太
  • 藤田 – 板倉チヒロ
  • 富野 – 森了蔵
  • 勝谷 – 佐藤文吾
  • 鳥谷 – 芹澤興人
  • 袰岩 – 増田修一朗
  • 林葉 – 河原健二
  • 黒川 – 木口健太
  • 原田 – 筒井奏
  • 岡田 – 峯豪一
  • 池田 – 青柳弘太
  • 安藤 – 仁科咲姫
  • 角池 – 中山雄作
  • 竹井 – 伊藤雄太
  • 梁瀬 – 礒部泰宏

その他の記者[編集]

  • 梓 – 嶋田久作
  • 山下 – 緋田康人
  • 佐伯 – 矢柴俊博
  • 宮本 – 加藤虎ノ介
  • 八田 – 足立智充

誘拐事件捜査員[編集]

  • 緒方 – 大西信満
  • 峰岸 – 管勇毅
  • 森田 – 忍成修吾
  • 白鳥 – 森本のぶ
  • 鬼頭 – 結城貴史
  • 吉川 – 日向丈

ロクヨン事件関連人物[編集]

  • 吉田 素子 – 後藤ユウミ
  • 「喫茶あおい」店主 – 川瀬陽太
  • 「フルーツパーラー四季」店員 – 林摩耶
  • 「釣り宿一休」店員 – 川屋せっちん
  • 梁の主人 – 奥瀬繁
  • 解体業者 – 才木清英
  • アベック捜査員(刑事部捜査一課) – 佐々木一平
  • ブラシを受け取る刑事(刑事部捜査一課) – 松原慎太郎
  • スーツケースを発見した刑事(刑事部捜査一課) – 贈人、日下部千太郎、伊藤毅
  • 雨宮を押しとどめる刑事(所轄署刑事課) – 松本勝、崔哲浩、今村裕次郎

警察関係者[編集]

  • 白田(警務部警務課長) – 中野剛
  • 秘書課員 – 鈴木雄一郎、月川修、古川康、村松和輝、新野卓、平野鈴、原陽子、小野ゆたか、スギウチタカシ
  • 角刈りの刑事(刑事部暴力団対策室) – 五刀剛
  • 若造の刑事(刑事部捜査一課) – 久保勝史
  • トイレの刑事(刑事部捜査一課) – 安藤広郎、村本明久、志賀龍美
  • 若い刑事(所轄署刑事課) – 小澤雄志、成田瑛基
  • 守りの刑事(刑事部暴力団対策室) – 石田佳央、芦原健介、檜尾健太、塩見大貴
  • 目崎家の自宅班(刑事部捜査一課) – 佐野元哉、由川信幸、木田毅祐、小水たいが
  • 邀撃班(刑事部捜査一課) – 岩田知幸、クラ、金子貴伸、齋賀正和、萩原宏樹、兼原良太郎、山神佳誉
  • 警官(所轄署地域課) – 荒木秀行、澤山薫
  • 作業服を着た警官(所轄署交通課) – 鈴木大介、志村朋春

その他の人物[編集]

  • 銘川 亮次 – 大久保鷹
  • 銘川の亡妻 – 勝倉けい子
  • 月並マスター – 諏訪太朗
  • 月並ママ – 山崎ハコ
  • カラオケの男(月並の客) – 太田恭輔
  • 部下の若い女(月並の客) – 清瀬やえこ
  • 囃し立てる部下(月並の客) – 花戸祐介
  • 別の警備員(幸田の同僚) – 吉岡睦雄
  • 少年(歌澄の彼氏) – 金子大地
  • 鑑識係員 – 山崎潤
  • 遺体の少女 – 関碧

スタッフ(映画)[編集]

  • 原作 – 横山秀夫『64(ロクヨン)』(文春文庫刊)
  • 監督 – 瀬々敬久
  • 脚本 – 久松真一、瀬々敬久
  • 脚本協力 – 井土紀州
  • 音楽 – 村松崇継
  • 主題歌 – 小田和正「風は止んだ」(Little Tokyo / アリオラジャパン)[18]
  • エグゼクティブプロデューサー – 平野隆
  • 企画 – 越智貞夫
  • プロデューサー – 木村理津、大原真人、渡邉敬介、浅野博貴、伊藤正昭
  • 共同プロデューサー – 藤井和史、山田昌伸
  • ラインプロデューサー – 武石宏登
  • 撮影 – 斉藤幸一
  • 美術 – 磯見俊裕
  • 照明 – 豊見山明長
  • 録音 – 高田伸也
  • 編集 – 早野亮
  • スクリプター – 江口由紀子
  • 装飾 – 柳澤武
  • スタイリスト – 纐纈春樹
  • ヘアメイク – 那須野詞
  • VFXスーパーバイザー – 立石勝
  • サウンドエフェクト – 北田雅也
  • 助監督 – 海野敦
  • 制作担当 – 篠宮隆浩
  • 助成 – 文化庁文化振興費補助金
  • 配給 – 東宝
  • 企画協力 – 文藝春秋
  • 制作プロダクション – コブラピクチャーズ

今まで見たことが無い方も、

見たことがある方も
今一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~!

-SF, テレビ放送作品, 洋画

執筆者:

関連記事

51uuhm4vlgl

ウルフ・オブ・ウォール・ストリートって実話!?実在する人物

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 下品だけど爽快3.2 少年時代3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※付録 映画概要まとめ 公開年:2014 …

share

マネーモンスター

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 結構感動する3.2 抜群に面白い傑作だと思う3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※一覧3.4 キャスト(映 …

26938628896_04190ed8b7

エクス・マキナ

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 こんな時代が来ることを予言している映画3.2 人類はシュミレーション世界3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おま …

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-8

女の穴あらすじ感想レビュー

目次1 概要1.1 解説1.2 あらすじ1.3 感想・レビュー 概要 女の穴は2014年に公開された異色の恋愛ドラマで 設定といい、カオスな世界観が表現されています。 監督は吉田浩太さんが務めており、 …

odessei

オデッセイ

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 軽くて見やすい3.2 生き抜く力3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※一覧3.4 キャスト(映画) 映画概 …

■カテゴリー別記事