話題の映画口コミサイト

話題の最新映画から名作映画までご紹介するサイトです。

SF 洋画

オデッセイ

投稿日:

odessei

映画概要まとめ

公開年:2016年

監督:リドリー・スコット

『オデッセイ』(邦題英語表記: ODYSSEY, 英語原題: The Martian)は、
2015年のアメリカ合衆国のSF映画である。アンディ・ウィアーの小説『火星の人(英語版)』
を原作としている。監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンが務める。
火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、
彼を救いだそうとする周囲の努力を描く。

スポンサーリンク

あらすじ

宇宙飛行士のマーク・ワトニーは火星への有人探査計画であるアレス3に、クルーとして参加する。
火星での探査任務中、大砂嵐に襲われたマークらクルーは、全ミッションを放棄して火星からの
退避を決めてロケットへ向かうが、その最中に折れたアンテナがマークに直撃する。

クルーたちはマークが死んだと判断して火星上の軌道へ戻り、
さらに地球上の軌道へ帰還するためのヘルメス号に乗って出発してしまう。
ところが、マークは生存しており、火星に一人取り残されてしまったことを知り、
残されたわずかな物資を使って生き延びようとする。

しかし、地球から救助隊がすぐに来る見込みはない。マークは持ち前の植物学者としての
知識を活かし、前ミッションから残留保存されていた資材を材料に水、空気、電気を確保すると、
さらに火星の土とクルーの排泄物をもとに耕作用の土を用意し、ジャガイモの栽培に成功する。
次のミッションであるアレス4が到着するまでの4年間を生きのびようとするが、
火星の厳しい環境がそれを阻む。マークはマーズ・パスファインダーを見つけ、その通信機能を回復させて地球との通話に成功する。NASAでは、マークのために追加の食料などを送ることを決めて急遽、輸送のロケットを打ち上げるものの、発射時に失敗してしまう。
NASAのロケットによる支援ができなくなった時、中国国家航天局から助けが提供され、
救助のための輸送を中国のロケットが引き受け、地球軌道に乗せることに成功する。

NASA長官で最高司令官であるテディ・サンダースは地球帰還中のアレス3のクルーたちを安全に
帰還させるか、もう一度火星に戻ってマークを救うかの二者択一に迫られるが、
長官はクルーたちを安全に帰還させる選択肢を選ぶ。しかし、長官のその意図はクルーたちに漏らされてしまう。ヘルメス号に乗るクルーたちは全員一致の意見で長官の指令に反対し、地球上の軌道でスイングバイを行いながら中国のロケットでもたらされた追加食料などを受け取ると、火星へ戻る。マークは、ヘルメス号が火星上の軌道に乗る日に合わせてローバーを改造して長距離走破を決行すると、火星の重力を振り切る唯一の手段となる、アレス4用にすでに送り込まれていたMAV (Mars Ascent Vehicle) に乗り込む。
MAVはヘルメス号からの遠隔操作によって打ち上げられるが、軽量化による覆いが打ち上げ途中に剥離し、それに伴う空気抵抗でヘルメス号から大きく離れることになる。ヘルメス号のクルーたちはマークと共にこの距離を縮めるべく命がけの工夫を凝らし、宇宙空間を漂っていたマークの確保に成功すると、地球へ帰路を向ける。
後年、マークは宇宙飛行士の訓練生の前で火星での日々を振り返り、救出ミッションに関わった者たちの後日譚が描かれる。

スポンサーリンク

皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!

軽くて見やすい

ゼロ・グラビティは重くて閉塞感があって好きにはなれませんでしたが、こちらは主人公が明るくて好きです。

火星という設定もいいですね。広大な未知の土地に、見てるだけでワクワクします。
明らかにどこかの砂漠で撮ってるはずですが、そんな事は思い浮かばないほど火星にしか見えず、見終わってから火星についての文献を読み漁るほど画面に引き込まれました。

マイナスポイントは特にありませんでした。
手に汗握るようなシーンはラストくらいのものなので、爽快さ、激しさを求めると少し物足りないかも知れません。。

-yahoomovie-

生き抜く力

人間の生き抜く力って凄いな。

ゼロ・グラビティ的な怖さもあった。。

-yahoomovie-

映画おすすめ太郎のまとめ

理系の私としては火星と聞いただけでテンションが上ってしまいます。
手に汗握るのは最後だけ。

それ以外は火星ってこんなにすごいんだ。
自然ってすごいというふうにずっと思っていました笑

是非とも見てほしいですね。

おまけ※一覧

キャスト(映画)

 

出演者 マット・デイモン
ジェシカ・チャステイン
クリステン・ウィグ
マイケル・ペーニャ
ショーン・ビーン
ケイト・マーラ
セバスチャン・スタン
アクセル・ヘニー
キウェテル・イジョフォー

今まで見たことが無い方も、

見たことがある方も
今一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

いやぁ、映画って本当にいいもんですね~!

-SF, 洋画

執筆者:

関連記事

o1200063013762618150

ロスト・バケーション

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 4拍子揃った秀作3.2 正統派サメ映画の傑作3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※一覧3.4 キャスト(映 …

img_0

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 未来が感じられる3.2 これは生理的なもの3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※一覧3.4 キャスト(映画 …

20141124_28476

プライベート・ライアンって実際にあった話

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 まるで激戦地に放り込まれるような立体感!3.2 不朽の名作3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※付録 映画 …

spotlight_lptop_668x340

スポットライト 世紀のスクープ

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 キャソリックの闇・・・3.2 真面目な感動作3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※一覧3.4 キャスト(映 …

hitler-is-back-movie-0001

帰ってきたヒトラー

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 なるほどこれは問題作だ3.2 面白いけどゾッとする3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※一覧3.4 キャス …

■カテゴリー別記事