話題の映画口コミサイト

話題の最新映画から名作映画までご紹介するサイトです。

家族愛 感動

わが母の記、感想とあらすじ情報

投稿日:

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-18

概要

わが母の記は2011年公開の邦画です。

監督は原田眞人さんで、

主演は役所広司、母には樹木希林さんが務めています。

解説

「敦煌」「天平の甍」などで知られる小説家・井上靖が自身の家族とのきずなを基に著した自伝的小説「わが母の記」を、『クライマーズ・ハイ』などの原田眞人監督が映画化した家族ドラマ。老いた母親との断絶を埋めようとする小説家の姿を映し、母の強い愛を描いていく。主人公の小説家には役所広司、母には樹木希林、そして小説家の娘に宮崎あおいがふんし、日本を代表する演技派俳優たちの共演に期待が高まる。

シネマトゥデイ

あらすじ

昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は実母の八重(樹木希林)の手で育てられなかったこともあって、長男ではあるが母と距離をとっていた。しかし、父が亡くなったのを機に、伊上は母と向き合うことになる。八重もまた消えゆく記憶の中で、息子への愛を確かめようとしていた。

シネマトゥデイ

感想・レビュー

宮崎あおいと役所広司の親子の描き方が非常にいい。二人の存在の上に樹木希林演じる認知の母(あおいちゃんにとっては祖母)という存在がかぶさっている。この二人の認知の家族に対する接し方が理想的であればあるほど、この映画はどんどん感動的になっていく。うまい作り方の秀作映画である。

yahoo!映画

よくある普通の難しさを感じさせる作品です。

理想的な認知症への対応、本当に優しい気持ちに

させてくれる映画です。

神社の境内で雨宿りする老親子を引きで撮ったシーンは、なかなか良い。2人の空間。そしてそれを遠くから見つめる孫娘の優しいまなざし。少しだけトゲのある役でも、やっぱりいつもの宮崎さん!(褒め言葉) それでも、全体を通じて印象に残るのは、樹木さんの「目」の芝居。映画的には、最後のシーンはちと蛇足感。文字にしちゃった方が余韻があったかも_φ(・_・

yahoo!映画

余韻という意味では本当にこういった優しい映画を

見終えた後の、自分の生活でも少しはこう変わってみよう

そう思わせてくれるところがやはり映画の魅力かもしれません。

-家族愛, 感動

執筆者:

関連記事

image_02

殿、利息でござる!

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 顔中、涙でびしょ濡れ3.2 タイトルと内容のギャップ3.3 映画おすすめ太郎のまとめ3.3.1 おまけ※一覧 映画概要ま …

20151025103709

時をかける少女、映画版あらすじまとめ

目次1 概要1.1 解説1.2 感想・レビュー 概要 時をかける少女は2010年に公開された映画です。 アニメ版、また映画版も何回か作成されており、 今回は2010年度版をまとめました。 監督は谷口正 …

poster

ペットのあらすじ評価まとめ声優も!

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!3.1 字幕版で見るべき映画3.1.1 詳細評価3.2 なかなかおもしろいが・・・・3.3 映画おすすめ太郎のまとめ4 キャラク …

ogp

ズートピア

目次1 映画概要まとめ2 あらすじ3 ネタバレ4 皆さんの感想 ※下記ネタバレ注意!4.1 小さな体にデッカイ魂4.2 見た目と中身のギャップ4.3 映画おすすめ太郎のまとめ4.3.1 おまけ※一覧4 …

no image

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきますは 2004年に公開された邦画です。 監督は土井裕泰さんで、 主演は歌舞伎界の異端児と呼ばれる中村獅童さん、 ドラマなどで活躍する竹内結子さんが勤めています。   解説 …

■カテゴリー別記事