話題の映画口コミサイト

話題の最新映画から名作映画までご紹介するサイトです。

恋愛映画

無伴奏、ネタバレと感想まとめ

投稿日:

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

概要

無伴奏は2015年に公開された恋愛映画です。

監督は矢崎仁司さんが同名小説を映像化しました。

主演は成海璃子さんが務めており、

その相手役も日本を代表する俳優陣が支えています。

 

解説

直木賞受賞作家・小池真理子の半自伝的小説を、『太陽の坐る場所』などの矢崎仁司監督が映画化。日本中に学生運動の嵐が吹き荒れた1969年の仙台を舞台に、時代の影響により学園紛争に関わっていた女子高生と、バロック音楽喫茶「無伴奏」で出会った男女の恋模様を描く。成海璃子が、ヒロインの女の性を渾身(こんしん)の演技で見せる。その相手役に『紙の月』などの池松壮亮がふんするほか、『虎影』などの斎藤工、ベテランの光石研ら多彩な顔ぶれが共演。

シネマトゥデイ

あらすじ

学生運動の嵐が日本中を席巻していた1969年、仙台に暮らす女子高生の響子(成海璃子)は時代に流されるように学園紛争にのめり込んでいた。ある日、友人に連れられクラシック音楽が店内に響く喫茶店「無伴奏」を訪れた彼女は、そこで出会った大学生の渉(池松壮亮)に興味を持つ。その後、学生運動から離れた響子は偶然入った無伴奏で渉と再会し、次第に彼のことを好きになっていき……。

シネマトゥデイ

感想・レビュー

四人で遊んでいるうちに渉を愛するようになった響子だが、彼はなかなか心を開いてくれなかった。その理由とは?
時代の熱さを感じさせないノッペリとした演出は、この監督の持ち味とはいえ少し退屈した。
背伸びして始めた闘争を放り出し、愛に走る女子高生の姿にも今一つ共感できない。
大胆な濡れ場をこなした成海璃子も、女優魂を感じさせてくれるまでには至らずといったところ。
古色蒼然とした懐古趣味映画だ。

yahoo!映画

時代的には古臭い感じがしっかりと表現されていることも

この映画の特徴です。

ただ成海璃子さんの脱ぎっぷりとその相手役の池松壮亮はじめ

俳優陣の演技には引き込まれるものがあります。

残念ながら公衆電話も赤電話があれば懐かしく感じです。今じゃ人気がない。女子高校生の黒ブレーザの制服も当事は、多かった。今でも存在している。今の60代が青春を過ごしはずです。

yahoo!映画

時代感はその時に生きていた方からすると少し違うものが

あったりするのでしょうか。

私にはその空気まで作りこまれているように感じましたが

ストーリー含めてなかなか飲み込むのが難しいようには感じました。

-恋愛映画

執筆者:

関連記事

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-14

夜のピクニック映画の見所と感想

目次1 概要1.1 解説1.2 あらすじ1.3 感想・レビュー 概要 夜のピクニックは2006年に公開された 小説原作の映画化作品です。 監督は長澤雅彦さんで 主演は多部未華子さんが務めています。 解 …

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-22

NANA映画のあらすじと感想まとめ

目次1 概要1.1 解説1.2 あらすじ1.3 感想・レビュー 概要 NANAは2005年に公開された同名漫画の映画化作品です。 監督は大谷健太郎さんで 出演は中島美嘉さんと宮崎あおいさんです。 解説 …

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-4

花宵道中あらすじと感想まとめ

目次1 概要1.1 解説1.2 あらすじ1.3 感想・レビュー 概要 花宵道中は2014年に公開された 小説が原作の映画作品です。 主演は安達祐実さんが務めており、 その大胆なシーンや展開が見所です。 …

no image

砂時計

砂時計は2008年に公開された恋愛映画です。 監督は佐藤信介が務めており、 主演は松下奈緒、その少女時代を夏帆が務めています。 解説 4人の幼なじみが歩んできた14歳から26歳までの12年間と、ヒロイ …

no image

天使の恋

天使の恋は2009年に公開された映画です。 監督は寒竹ゆりさんが務めており、 主演は映画デビューとなった佐々木希さんが務めています。 解説 ケータイ小説史上最高のアクセス数を誇り、書籍も大ベストセラー …

■カテゴリー別記事